古い着物はどうやって処分する方法があるの

古い着物の処分方法はいくつかあります。
着物は簡単に処分することが難しもののひとつです。
祖母や母の形見なら思い出が残っていますので簡単に処分できません。
残す方法も含めて、いろいろな方法をまとめてみました。

 

子供や親族に渡す

母や祖母が着ていた着物は残したいと考える方は多いです。残したい方は子供や親戚など身内の方に着てもらうのがいいです。

 

友達や知り合いにあげる

身内に着物を引き取ってくれる方がいなければ、友達や知り合いにあげる方法もあります。
着物は簡単に洗えません。そのままで、汚れててももらってくれる方に渡しましょう。

 

リメイクして服やバックにする

手元に置いておきたい方は、着物のままでもいいですが、違う形に生まれ変わらすこともできます。
ネットで調べると、着物リメイクされている方やショップがあります。スカートにしたりして着られている方もいます。

 

メルカリやヤフオクなど個人で売る

着物や帯の数が少なければ、メルカリ・ヤフオク・ジモティーなど個人で売る事もできます。
高く売れますが、キレイにしたり、写真をアップしたり、質問に答えたり、手間がかかります。
クリーニングに出しても、売れなかったりすると赤字になることもあります。

 

買取業者に買い取ってもらう

買取業者にすべての着物、帯、和装小物を買い取ってもらう。
大量に着物や小物があったり、古かったり、シミや虫食いがある着物の場合、まとめて無料査定してもらうのがいいですね。

 

>>着物の出張買取『バイセル』

 

ゴミとして捨てる

誰ももらってくれない場合は、仕方がないのでゴミとして可燃ごみにだす。

 

 

古い着物だし、もう着ないからと言っても、なかなか捨てられない方も多いです。
そんな時は、次の人に着てもらうために、安くても買取業者に引き取ってもらえたほうが良くないでしょうか?